忍者ブログ

世界は今問われる日本

時代に即した話題の記事と正しい日本の認識を世界に伝えていきます 日本人でありながら日本を貶める日本人j自分達日本人は違うは世界では通用しない日本人は日本人今この世に戦後生を受けて今がある日本人日本を貶めている人たちに言いたい あなたを生んでくれた日本の母親を辱めをあなた方が貶めている 思想が違っても同じ目でみるのが世界の民族あなたの子供孫が将来的に罪の無い子孫が差別されると考えたことは無いですか 残虐人の子孫と見られることを考えたことないですか そんなことがない正しい認識を伝える記事で行きます

Kポップの「画一性」問題視した指針撤回 検閲との批判招く韓国政府



韓国政府、Kポップの「画一性」問題視した指針撤回 検閲との批判招く

韓国・ソウルでインタビューを受けるKポップの女性グループ「シックスボム」のメンバーら(2017年3月14日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News


【AFP=時事】韓国で19日、Kポップ業界での多様性の促進を目指して策定された政府のガイドラインが、国家による検閲のようだとの非難を受け、撤回される出来事があった。

【写真】ソウルにある地下鉄駅構内に掲げられた美容整形外科の広告

 韓国の女性家族省が先週発表したガイドラインは、Kポップ歌手たちの外見が似すぎている点を問題視し、「歌手たちの画一性という問題が深刻」としていた。また、ほとんどのアイドルが痩せていて、同じような化粧を施し、露出度の高い服を着用しているとも指摘していた。

 外見へのこだわりが強い韓国では、数十億ドル規模のKポップ産業と同様、美容整形業界も巨大な規模を誇り、毎年数万人もの人々が完璧な見た目を求めて手術を受けている

 だが、女性家族省のガイドラインに対してはネット上で非難を招いただけではなく、国会議員もまた、1980年代に幕を閉じた権威主義体制の時代に行われていた検閲を想起させると批判。ある議員は、「全体主義的で憲法に違反する考えだ」と主張して国に謝罪を要求した。

 ネット上では、「中国や北朝鮮といった共産主義独裁政権が検討するようなことを、韓国がやっていることが本当に驚きだ」との声も上がっている。

 韓国では1980年代後半まで、検閲が社会のあらゆる部分に浸透し、テレビ放送の内容から、登場する男性の髪の長さまで国が全てを統制していた。

 批判を受けて女性家族省は19日、ガイドラインが「不必要な混乱を招いた」として撤回を表明。テレビ制作を統制する意図も権限ないとし、「人々の日常生活に大きな影響を及ぼすメディアが、人権を侵害したり、意図せずとも差別を助長したりするのを防ごう」とを試みただけと釈明した。

 ただ韓国では、セレブが助長する美しさの狭い観念が多くの人々を美容整形へと駆り立てているといった批判の声もある

 2017年にはKポップグループ「シックスボム(SixBomb)」のメンバー4人全員が、鼻から胸まで大掛かりな美容整形手術を受けた後にシングルをリリース。一連の動画では、メンバー4人がクリニックを訪れ、嬉々として手術室に入り、手術台に横になる様子が捉えられていた。

PR

 維新・足立氏、立民議席を指さし「誰が嘘つきかと言えば…あの面々です!」“国会の爆弾男”が仰天パフォーマンス!

  • “足立節”再び炸裂
  •  “足立節”再び炸裂
  • 国会の爆弾男」こと、日本維新の会の足立康史衆院議員が15日、衆院本会議場を騒然とさせた。枝野幸男代表率いる立憲民主党あたりの議席を指差して、「(嘘つきの)面々」と言い放ったのだ。具体的党名は発言しなかった。これまでも、激しいバトルを展開してきたが両陣営だが、新たな闘争に入るのか。

     足立氏の仰天パフォーマンスは、本格審議入りした地方税法の一部改正案などの質疑で飛び出した。


     まず、厚生労働省の統計不正問題をめぐり、足立氏は「他の野党のように、わが維新は閣僚の罷免を求めたり、『アベノミクス偽装』などとレッテル貼りもしないありもしない疑惑を安倍晋三首相になすりつけ、『首相が嘘つきだ』とか印象操作もしない」といい、他の野党との違いを際立たせた。


     そのうえで、次のようにまくしたてた。


     「むしろ、今の国会で誰が嘘つきかと言えば、『悪夢の民主党政権』の重荷を背負いながら政権運営に力を尽くしている政府・与党ではない。共産党と連携しながら『まっとうな政治』とうそぶく、あの面々です!」


     壇上から指を差したその先は、立憲民主党の議員が座るあたりだった。当然、本会議場には「ふざけるな!」「止めろ!」「うせろ!」などと、すさまじいヤジが飛び交った。


▼野蛮人だから? なぜ人は避難警告を無視するのか






米東海岸に非常に強いハリケーン「フローレンス」が近付く中、米当局は影響が予想される地域の住民に避難を呼びかけている。



しかし、それでも避難しない人たちがいる。



昨年9月のハリケーン「イルマ」上陸の際に「野蛮人だから」と答えた米フロリダ州の少年など、過去の事例を紹介しながら、「ダチョウのパラドックス:災害リスクの心理学」の著者、ロバート・マイヤー教授に話を聞く。



提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-45505328

……………………………………………………………………………………………………
▼今でも「トランプ礼賛本がベストセラー」というアメリカ社会の現実
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsI_vPj_1Bk_sds

▼台湾とエルサルバドルの断交、中国の圧力と米国の非難
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsJ_vPj_1Bk_sds

▼どの子も、いじめの被害者にも加害者にもなり得る
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsK_vPj_1Bk_sds

▼書籍 『職場のイライラをすっきりなくす本』(植西 聰 著)[電子版あり]
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsL_vPj_1Bk_sds

▼トルコの経済危機は拡散するか
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsM_vPj_1Bk_sds

▼大停電は天災だけではなく地球温暖化でも引き起こされる
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsN_vPj_1Bk_sds

▼モンタナ州まで行って直撃「Qアノンの正体」とは?
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsO_vPj_1Bk_sds

▼書籍 『台湾探見 Discover Taiwan―ちょっぴりディープに台湾(フォルモサ)体験』[電子版あり]
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsP_vPj_1Bk_sds

▼ノルド・ストリーム2は欧州のロシア依存を高めてしまうのか
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsQ_vPj_1Bk_sds

▼はめを外す時もあっていい、健康管理は食べる頻度で
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsR_vPj_1Bk_sds

▼「日本に勝って兵役免除」が韓国で批判されるワケ
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsS_vPj_1Bk_sds

▼台湾問題、米国の圧力と譲歩できない中国の反発
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsT_vPj_1Bk_sds


MORE >> http://wedge.ismedia.jp/


菌類にまつわる10の秘密、最新研究で明らかに


http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsv_vPj_1Bk_sds

▼「最古の絵」はまるでハッシュタグ 南アフリカで
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsw_vPj_1Bk_sds

▼iPhone XS と iPhone XS Maxに触ってみた
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsx_vPj_1Bk_sds

▼野蛮人だから? なぜ人は避難警告を無視するのか
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsy_vPj_1Bk_sds

▼世界金融危機は誰のせいだったのか
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsz_vPj_1Bk_sds

▼聖職者が「何千人もの子どもを虐待」 独カトリック教会
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsA_vPj_1Bk_sds

▼世界で最も分かりづらい道路標識 カナダ
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsB_vPj_1Bk_sds

▼アップル、iPhone XSと最新アップルウォッチをお披露目
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsC_vPj_1Bk_sds


127年前に「中国の脅威」を予見した明治の若者



高杉らを乗せた千歳丸による上海訪問から10年を経た明治5(1872)年、明治政府の外務卿・福島種臣は日清修好条規批准書交換のために清国に旅発つ。両国の国交が開かれたことにより、伊藤博文を筆頭とする政治家、外交官、軍人、学者、文人、経済人など多彩な明治人が大陸を訪れ様々な思いを綴っている。彼らの多くは“表玄関”から清国を訪れ、外交・経済・文化などを中心に“大上段”から清国を捉え、両国関係を論じた。


日清修好条規批准書交換は、じつは名も無き市井の人々にも大陸旅行の機会を与えたのである。それまで書物でしか知ることのなかった「中華」を、彼らは自ら皮膚感覚で捉え書き留めようと努めた。


かりに前者を清国理解における知性主義とでも表現するなら、後者は反知性主義と位置づけられるだろうか。これまで知性主義による清国理解は数多く論じられてきたが、反知性主義のそれにはあまり接したことがない。


歴史教科書で扱われることなどなかった明治人による反知性主義的清国理解を振り返ることは、あるいは知性主義の“欠陥”を考えるうえでの手助けになるのではないか。それというのも、明治初年から現在まで知性主義に拠って律せられてきた我が国の一連の取り組みが、我が国に必ずしも好結果をもたらさなかったと考えるからである。もちろん反知性主義だからといって、その結論が現在の我が国メディアで喧伝されがちな中国崩壊論に、あるいは無条件の中国礼讃論に行き着くわけでもないことは予め断わっておきたい。

iStock / Getty Images Plus / 4045

なお原典からの引用に当たっては、漢字、仮名遣いは原文のままに留め、変体仮名は通常の仮名(たとえば「ヿ」は「こと」)に、カタカナはひらがなに改めることを原則としておく。


支那人は自國を賛譽し誇稱して、外人を貶すと自著の『支那漫遊實記』(博文館 明治二十五年)に記した安東不二雄は、明治24(1891)年9月に東京を発って「支那に渡」った。だが、「南清地方を漫遊中、今夏徴兵撿査の爲め呼戻され、遂に志を伸ぶる能はずして歸朝」している。この間の「滯留僅に數月」であり、「細状を悉くせんは至難」ではあったが、“何でも見てやろう”の好奇心に任せて大陸を歩いた


 この年の5月には、来日中のロシア皇太子(後のロシア皇帝ニコライ2世)が護衛巡査の津田三蔵に切り付けられた大津事件が発生している。加えて日清戦争勃発は3年後である。日本はもとより清国でも緊張が高まっていたと思われるが、「滯留僅に數月」とはいえ、そんな内外状況のなかを徴兵検査前というから20歳前の若者が、いったい、どのような志を抱いて「支那漫遊」をしたものか

欧米経由の中国認識」に危機感を抱いた明治の若者

 安東は先ず「支那を視る日本人の眼孔」に疑問を抱く。


是まで遠く數千里の彼方に在る、歐洲米洲の事情は、善惡となく巨細となく多くの邦人に知られつるに、僅に一葦水を隔つる、志かくも我れと最も親密の利害を有する、西隣舊交國の事情に就ては、却て我同胞の注意を惹くこと極めて冷然たりしは何ぞや」との義憤を抱く。次いで日本人は列島に縮こまってしまい、「拝西主義の潮勢に捲き去られども、隣邦の眞相は毫も其の眼孔を透ざらしをり」と続けた後に、「機敏英活の眼光を具せりといふ、日東國人*は、愚かにも淺慮にも、夢の如き眩惑に誘はれて、隣邦観察の大切なる職務を忘れしなり」。「日東國人」は目を覚ませ、である。


*日東國人…日本人


 どうやら安東は「拝西主義の潮勢」に圧倒され、「隣邦観察の大切なる職務を忘れ」る風潮に我慢がならず「支那に渡」ったらしい。それにしても明治中期、すでに「機敏英活の眼光を具せりといふ、日東國人は、愚かにも淺慮にも、夢の如き眩惑に誘はれて」、「拝西主義の潮勢」に翻弄されていたとは。ならば安東の時代から130年ほどが過ぎた21世紀初頭の現在と、さほど変わりはない。日本人にとって、「拝西主義の潮勢」は19,20,21という3世紀を跨いでも根治できそうにない業病なのか。


「拝西主義の潮勢」にもかかわらず、「數年の艱難辛苦を甞め」ながらも「隣邦観察の大切なる職務」に就く「陸軍士官若くは冒険的の少年」もいないわけではなかった。だが、「世に顯れしもの極めて少なし」。ここでいう「少年」は少壮血気の若者という意味に違いない。じつは早くも明治5(1873)年に清国に渡り、兵要地誌作りのために5年を掛け各地を歩いた陸軍中尉や陸軍工兵大尉がいた。彼らの調査の「結果は、納めて參謀本部の寶庫に在り」とのことだが、その後の経緯を考えるに、果たして“宝の持ち腐れ”にはならなかっただろうか。


 安東は当時の「拝西主義の潮勢」を示す傍証として、「橫濱より東方四千五百哩の桑港」と「長崎より僅に四百七十五哩に過ぎざる上海」の在留邦人を比較する。「三千餘」の前者に対し後者は「唯た八百人に上らず」。桑港(サンフランシスコ)在住者は「較や敎育ある人士」だが、上海は「其の大半は賤業の淫婦にあらざれバ、無識の無頼漢を以て充せるか故に、其の當國の事情を本國に通信するが如きは、固より望む可ならざりしなり」。


 さらに地理書をみても「善く支那の事情を記述するもの果して幾何かある」。「支那の事情を記述」した地理書がないわけではないが、それらは「數年以前、もしくは數十年前に、歐米人が著はしたる舊刊の地理書中より翻譯したものに過ぎ」ないし、「精密に確實に支那現時の事情を知るに足るべき著書の如きは、極めて欠乏せるにあらずや」。(なお、「精密」から「あらずや」までに強調の傍点が付されている)。学校における地理教育についても、「總て歐米に偏詳にして、支那、朝鮮、南洋等、重要なる近接隣邦の地誌には極めて冷淡なりしなり」と指摘する。


 我が国では、当時すでに欧米経由の中国認識が幅を利かせていた。これではいけないと、少なくとも安東という1人の明治の若者は義憤に駆られたに違いない。

中国が復活できなければ、日本が領有してしまえばよい

「未來の日本國民は、その天與の海洋を利用し宇内の大勢に投じて、南北東西に商業線、航海線を擴張する所の勇敢なる遠征的國民たらんことを熱望」しつつ、安東は日清両国を比較する。


「八十五萬方里の沃土を擁し、四億三千萬の民衆を収むる」大清帝国と、「蕞薾たる二萬四千方里の一孤島にして、充すに擾々四千萬の多頭を以てせる日東の海國」を比較して、「其の人口に於て我は彼の十分の一に居り、面積に於ては彼れ我れの三十倍を超えたり」。次いで「一は眠れる象の如く、一は覺めたる小猴の如し、一は病める老爺にして、一は潑剌たる少年なり」との比較を「局外漢の妄評」だと退けた後、「吾人は此の大帝國の決して言ふが如き絶望の老體にあらざるを信ずる」とした。


「東邦開明の先進者を以て自任せる日東國人」にして「義俠なる櫻花國の健兒」ならば、「彼の病衰せりといふ老爺を負ふて起ち、老爺はまた斯の多望可愛なる美少年の肩に倚て導かれん、もし夫れ不幸にして老爺の臥して、また起たさるが如き、危機に遭遇することあらば、我れ代つて其の相續權を占握せんも、又好がらずや」。


 この考えに従うなら、大清帝国は一般に伝えられるほどには「絶望の老體」ではない。「義俠なる櫻花國の健兒」に導かれれば、亡国の淵から復活する可能性はある。だが、万一それが不可能なら、清国の相続権は日本が持つ。だから日本が領有しても問題はなかろう。こういう過激な主張が、日清戦争前夜の「義俠なる櫻花國の健兒」の心に芽生えていたわけだ。因みに福沢の脱亜論が発表されたのは、6年前の明治18(1885)年だった。

中国を日本の尺度で量ってはならない

 安東の興味は先ず港に向った。


「細長くして幅の狹く我が日本の地にあつては、海港と河港とを區別するの必要を見ずと雖も、廣濶の巨流に富める支那にあつては、此の區別をなさゞるべからず」。じつは「國人の觀念には、港と海とは殆ど分離すべからさるものと信せる」。だが「支那の大切なる港は、海岸にあらずして、却て皆河岸にあるこそ不思議なれ」。「目下支那の通商碼頭は二十一個所」あるが、その大部分は海ではなく河川に面している。だから、「素より海岸に直接せる、我が國神戸、横濱、長崎等の海港と同一視すべからざるものあり」。


 次いで河川。


「支那の河流は、軍艦滊船等の交通自在にして、其の廣大なること恰も我が國瀬戸内海の如き利便を有するものなり」。冬季から早春にかけて「結氷に閉ぢられて、艦船の交通を妨阻し、貿易を中止」せざるをえない河川もある。国際公法では沿岸から3哩以遠はその国の主権外だから、長江を「遡る他國の軍艦は、支那帝國主權外の地を航行するもの」との主張すらみられるほど。ともかく日本の尺度を超える。ともかくも「大陸の風物自ら一小群島の景状と異なる所あるを想ふべし」。


 おそらく安東は、「一小群島」の基準で、人口規模で10倍、国土面積では30倍の広さを持つ「大陸の風物」を推し量ることは非現実的であり、誤解を招き、誤った判断に結びつきかねず危険であると言いたかったのだろう。この辺りの考えは、現在にも十分通じる。


 たとえば「新疆、蒙古、西蔵等の屬部はもとより、本部十九省中に在ても、貴州、湖南、甘肅、河南、四川、雲南、廣西などの諸省中には、清政府主權の布及せざる地方甚だ多く、一種剽悍なる蠻族棲居して、旅客及び附近地方の領民を苦しむる者」がある。「支那政府は此等の蠻族を統御する」ための方策をとっているが、「素より化外の蠻夷なれは、中央政府の權威を怖れず、租税を納むる事なく、一種自治體にして、(中略)風俗言語等も通常の支那人と異なり。其地方を通行する隊商等は、彼等に賄賂を贈りて歡心を求め、僅に暴害を免れ居る有様」だ。つまり清国では「内治未だ統一せざる」のである。


 いわば「清政府主權の布及せざる地方甚だ多く」、それらの地方には「蠻族棲居し」、彼らは「中央政府の權威を怖れず」、「一種自治體」を構成しているゆえに、清国を名乗ってはいるが統一した国家ではない。清国は統一国家にあらずとは、鋭い指摘だ。


 だが「特に驚く可きは」と記したうえで、「斯かる蠻野の近傍にも、數名の歐羅巴人、清装辮髪にて入り込み、宣敎に從事し居ることにて、白人の大膽なる、又熱心堅忍なる、眞に驚歎の外なしと云ふ」と続ける。確かに「眞に驚歎の外なし」と舌を巻くしかない列強のインテリジェンスである。こと清国進出に関する限り、日本は後発国、つまり列強諸国に較べ大いに出遅れていた。フィールドに身を置いてのリアルな日常を把握する努力に欠けていたのだ。

「一衣帯水・同文同種」はウソッパチ

 安東の観察は日常生活に転じた。


 先ず衣服。


「我國人の觀念に支那人とさへ言へば、唯醜汚なる粗服の装貌を有する如く想ふは、蓋し橫濱神戸等に於ける下等の出稼人のみを見慣れ居る故なる可し」。じつは「上等社會の服装は優に威重ありて日本服にも勝りて見ゆ」。だから「黒紋付の羽織の仙台平の袴にても着したる最上の日本服ならばよけれども、雙子織や浴衣等に木綿の兵兒帯などしめて、上海若くは香港等に上陸せば、耻づかしくて通行出來ぬ心地すべし」。だから日本人も洋服を着るべきだが、「但だ最良の日本服は洋服に勝りて支那人の尊敬を受くるなり」と。


 ここで興味深いのは、「橫濱神戸等に於ける下等の出稼人」が日本人の中国人観に与えた影響であり、そうした見方は誤りであると指摘している点だろう。どうやら当時既に、少なからざる「下等の出稼人」が海を渡って「橫濱神戸等」に出稼ぎにやって来ていたという事実は記憶しておいてよかろう。現在の横濱や神戸にみられる中華街は、「下等の出稼人」によって始まったということになりそうだ。


 次いで食事。


「支那人の食物は一般に鳥獸の肉を主とし、我國と同じく米を以て定食とす」る。内容を見ると上には上が、下には下がある。「街頭の車夫の如き勞働者は(粗末極まりないものを常食としているが)、なほ能く稼ぎ、且つ貯蓄する者あり。之を我國下等社會の職人等が、宵越しの錢は遣はずなといひて、金錢を濫消する者に比せば、彼の忍耐、節儉、勤勉の能力と習慣とに富み、處世に術に巧者なるは、頗る感心すべきものあるなり」。彼らの「忍耐、節儉、勤勉の能力と習慣とに富み、處世に術に巧者なる」振る舞いを指摘している。


 とはいうものの「實に支那人は料理に巧者なれども、一般に不潔汚穢なるには閉口なり、彼地に遊びてまづ此一點を尤も忍び難しとす」。かくて「要するに支那人の飲食、家屋及び其習慣は大いに我と其趣を異にせるものにして、寧ろ泰西風に近きものあり」。つまり一衣帯水・同文同種は明々白々のウソッパチだった。

日清貿易が低調な原因は「人材不足」

 関心は黄河、次いで天然資源に転じる。


 漢民族にとって母なる大河でもあり、人口が多く、農業が盛んな中国の中心を流れる黄河を、「海より上流二百五十里を越ゆれば、全く航行する能はず、目下に於ては、該河は全く世界に於て無用の長物とす」と酷評した。それというのも黄河の河道は泥に塞がれ、下流の大平原では河水が氾濫して大被害を及ぼすことは多いからである。「支那政府の浪費」が黄河の河道改修工事を妨げ、洪水を防げない。こうして、漢族の母なる大河である黄河は永遠に「人民不幸」をもたらす「無用の長物」となり果て、国家的不幸の根源になる。


 そこで「今や歐米の起業家、工學博士等は百難を排して内地に入り、黃河の河道を測量して、築堤の設計を遂げ、清政府に勸告して、其の斷行を迫りつヽあり。果たして成らんか、數千年の大患、茲に忽ち排除し去て、斯の東亞の大富源に永く洪水の患害を絶たん、亦可ならす哉」。だが、「歐米の起業家、工學博士等」は「數千年の大患」を取り除いて「人民不幸の永久滅せざる根源」を根絶しようというわけではない。やはり「東亞の大富源」を掠め取ろうという魂胆を持っているはずだ。ここでも日本は出遅れている。


 次いで「外國起業家等の垂涎羨々措く能わざる所」の「其の無量の鑛脈」である。


「深く内地に入り未開の山川を跋渉して精確の調査を遂げたる専門家及び宣教師等の報告に據るも。支那は到る處に石炭鑛を有し、鐵鑛を有し、又金銀の貴金屬を富める事明かなり」。ことに石炭などは「東洋市場は愚か、全世界の炭業を動かすに至る」可能性は大だが、「現今支那の鑛業は極めて幼稚にして未だ其の緒にすら就く能わざる」レベルだ。そこで「支那に在る歐米の起業家等相競て政府に勸告し、併せて其の特許を得て一攫千金せんとせり」。


 だから「日本の鑛業家も何ぞ奮て一葦帶水を渡り、斯の大陸の富源を開拓」すべきであり、「支那人は文明的學理の技術に暗きか故に、大學等にて專門の敎育を受けたる、工學士理學士等續々來りて設計創業する所あらば、自他の便益少なからざる可し」。清国政権の実力者である李鴻章にしても張之洞にしても、日本からの「遊歷者等に向ひ、此の事を相談したりと云ふ」。だが、それが実現しない。それというのも「我外交官中には敏腕治手を有する人に乏し」く、国益実現という本来の業務に関心を払わないからである。どうやら当時から「我外交官」の行動には問題が多かったらしい。


 当時、低調だった日清貿易の原因を、安東は「適當の人物を得ざるに在り」とした。だから日本の若者を中国商店で修業させ、「三四年間、言語習慣及び取引の實地に習熟せしめて、後商業に從事せしめれば好からんと云う人」がいる。これは良策とは思うが、じつは「支那人は秘密を重んじ、團結を貴ぶ人民なれば、外國人を自店に入れて商務を練修せしむるは同業者に對し、又自家營業の利益を保護する上に於て、決して爲す事を欲せさるなり。故に良策は遂に行ひ難きなり」と結論づける。その実例に「西京鳩居堂の手代某」を店に入れて筆造りの秘法を学ばせたことで、「日本人に中華の秘法を授けたりとて。仲間の攻擊を受くる事甚だしく、非常に後悔し居る」店があったことを挙げている。


 彼らの商法を「勤勉、節儉、忍耐にして、能く其業を永續し、同業者の一致團結心に富めるは、支那人の尤も他邦人に優出したる特風なり」と説く安東は、目標達成までは断固としてやり抜く彼らのビジネス作法に感服するのであった

日本人が中国でビジネスチャンスを生かせないワケ

 安東は天然資源超大国で「大商業國なる支那を一葦帶水の西隣に擁して、商業、航海及び技術を以て東洋に雄飛せんとする、日東海國民の覺悟ハ、夫れ果して如何」と、清国との貿易を盛んにすべきと説く。だが実態は余り芳しくはない。


 たとえば天津は「支那の一大貿易港なれども、我商民の在留する者極めて少なく、日本人の直接に從事する商業ハ微々として振はず」。外国人居留民は300人以上。ドイツとイギリスほぼ同数で総計260人前後。ロシア人は15人ほど、フランス人が5人ほどで日本人は40人前後。だが「其中官吏を除き、其餘は多く洋人又は支那人の外妾にして、眞に商業家といふべきは幾許もあることなし」。


 ところで同じ時期の上海在住日本人の実態を安東は、800人に届かない日本人の「大半は賤業の淫婦にあらざれバ、無識の無頼漢」だとする。「無識の無頼漢」というが、おそらく女衒であり、ヒモだろう。ということは日本人の海外進出の先陣を切ったのは、天津の「洋人又は支那人の外妾」であり上海の「賤業の淫婦」だったのか。


 天津における日本企業だが、「是まで我國人の商店を天津に開きて失敗せし重なるものを擧ぐれバ、東亞洋行、大倉組、久次米商社等にて其他は屈指するに暇あらず」。ということは、明治中期までの日本企業の天津進出は余り捗々しくはなかったことになる。なぜビジネスチャンスを生かせなかったのか。天津は「商業上の組織已に整頓し、取引は一に信用に在るを以て老舗に非されバ世人之を顧みるもの無し」。つまり老舗が互いに信用で結ばれて居て、新参者、しかも外国人の新参者は容易に彼らのネットワークに食い込めないからだった。


 こういったビジネス環境であるにもかかわらず、「我國人は新に來つて利益を搏取せんとし、一時に目的を達する能はざれバ忽ち失望し、而して出張員は氣候の激烈なるに苦しんで急に日本に歸らんとし、營業の維持すべからざるを報告し、遂に閉店を爲すに至る」。そのうえ、「多く出張員と本店との意見、相背馳するに基くものヽ如し」。だから「北支那に於て商業を營まんとすれば、資本主又は會社の重なる役員が先づ己の信用する番頭を伴ふて渡來し、自ら實地の事情を見聞し、然る後、日本に歸り、此地に残せし番頭と氣脈を通じ商機を誤まらざるにありと」。


 どうやら日本企業にとって中国ビジネス実態は、明治時代も21世紀初頭の現在も大差ないらしい。

127年前に「中国の脅威」を予見した明治の若者

「歐洲の識者」の著作と思われる『亞細亞大勢論』を援用する形で、自らが目にした清国商人の生態について、安東は次のように見做した。


――商売における用意周到さにおいてはユダヤ人を除いたら、世界に彼らほどの力を持っている者はいない。目下、清国では製造業は未発達だが、全国各地に工場を建設し驚くほど人件費の安い労働者を雇用したなら、ヨーロッパの富は最終的には根こそぎ掠め取られてしまうだろう。


 清国とヨーロッパの貿易を見ると、ヨーロッパが圧倒されているのが実態だ。ヨーロッパから輸送された商品が清国の港に陸揚げされて後、その全ては清国商人の手に委ねられる。それゆえ儲けの幅や分配に関しては、彼らの思うがまま。老獪極まりない商法で知られるイギリス人でさえ一歩譲り、彼らの歓心を買うことに汲々としているありさまである。


 さすがにロシア人だけは長い国境を接するだけに、清国の人情風俗を徹底研究し、準備怠ることなく実力を蓄え南下を進めている。清国にとって最も警戒すべきところだ。


 貿易を専門とする清国商人を観察するに、突発事態にも臨機応変に対応する点が指摘できる。そんな時にも顔色一つ変えるわけでもなく、敢えて儲けは二の次、三の次のように振る舞う。外国商人は彼らの腹の底の底を探り、真意を読み切ることは容易ではない。であればこそウソ八百を並べたてる外国商人であったとしても、商戦において彼らを圧倒することは極めて難しい。ともかく彼らの間では情報の交換と共有が徹底し、相互に助け合い、売買は活発化し、外国商人を押さえ、貿易を独占し、かくして富国の道を歩むことは間違いないだろう。


 目下のところ、清国の制度や法令は腐敗の極に達してはいるが、その実力は確固としている。だから有能な指導者が決起し清国全土に眠る天然資源を活用し、政治的・社会的欠陥を改革し、全人民を挙げて立ち上がらせることが出来るなら、望むものは何でも手に入るだろう。そうなった時、清国は世界にとっての脅威以外のなにものでもない――


 あの時代に、どのような手段で旅行資金を工面したのか。それにしても日清戦争前夜の清国を歩いた20歳前の若者にしては、安東の考えは余りにも“老成”している。安東は清国社会に対し並外れた分析能力を備えていたのか。それとも誰か専門家の偽名だったのか。


「病痾の快癒を待て、朝鮮、西伯利亞*を經て再び北清に入り、更に見聞する所を擴め」と語る安東だが、病気から回復し「朝鮮、西伯利亞を經て再び北清に入」ったのか。その後の消息は全く不明である。


人工胎盤や人工子宮、生殖技術は人間を「消滅」させるのか


前回はAmazonの顔認識ソフトからアルゴリズムの偏見、そして情報銀行について議論した。アルゴリズムによって、現実の自分とネットワーク上の自分が乖離するという現象は、今後ますます増えていくだろう。簡単な解決法が存在しないが故に、その動向に注意する必要がある。

 今回は人工胎盤や人工子宮といった、近未来の生殖に関わる技術について論じたい。昨今の技術発展にはめまぐるしいものがあるが、スマホのように、その利便性から急速に普及するものもあれば、技術的には可能であっても受け入れがたいものもある。技術が受け入れられる過程では、なし崩し的に普及するのではなく、慎重に議論を重ねなければならないものもある。今回は小説を読み解きながら、生殖技術について考えたい。

(SvetaZi/iStock/Getty Images Plus)

3Dプリンターで作成する「人工胎盤」

 3Dプリンター技術の発展は、金属を空中にプリントしたり、薬品のプリントも可能とする。そんな中ウィーン工科大学の研究者達は、3Dナノプリンターと生体高分子で「人工胎盤」を再現したと報告した


 胎盤は母体と胎児をつなぎ、へその緒を通して酸素や栄養、さらに二酸化炭素や老廃物のやりとりを行う重要な器官だ。母体が疾病を抱えていた場合、それが物質のやりとりの中で胎児にどのような影響を与えるかは非常に重要であるが、これまで胎児と母体の物質のやりとりを調査することは、胎児の命に関わることから行うことが困難だった。


 そこで研究者達は、特別に開発された3Dナノプリンターを用いて、胎盤と同様の構造をもった生体高分子膜をマイクロ流体チップの中に再現し、これによって本物の胎盤同様の物質のやりとりが確認されたという。この研究によって血圧や血糖値、薬物が胎盤に与える影響を研究できる他、胃や腸といった生体膜を介した物質輸送の分野にも、この技術が応用できるという。人工胎盤によって、これまで以上に胎児や母体の安全が確保されることに期待したい。


 ところで、人工胎盤が広義の生殖に関わる研究だとすれば、これによって生殖技術がまた一歩前進したことになる。昨今はさらに、「人工子宮」の開発も進んでいる

人工子宮によって生きる羊

 2017年、アメリカで行われた人工子宮の実験が発表されると、その特殊な画像と共に実験は大きな反響を呼んだ。実験は早産によって生まれ、生存確率50%を切り生命の危機に瀕している羊を羊水で満たされたビニール袋に入れて育成するというもの。実験に選ばれた8匹の羊は人工子宮内で4週間生存し、うち1頭は一歳を過ぎて健在だという。公開された画像は、ビニール袋に入れられた時の羊と、4週間を経て大きく、皮膚の色も変わった羊が比較できるものとなっている(気になった読者は画像を確認して欲しい)。


 この人工子宮はあくまで緊急時の医療器具という目的で実験が進められているが、技術的にはまだまだ困難が伴うにせよ、人間に適用したり、また早産以外の目的で用いることは可能なのか、という可能性を期待する声もある。例えば、母体ではなく人工子宮の中で子供を育てる、といったように。


 周知のように、生殖に関わる研究は生命倫理や世論等、様々な観点から議論されなければならない。人工子宮が人間に適応できるような技術が登場するにせよ、それらが実際に活用されるかどうかはわからない。


 とはいえ、だ。遺伝子編集技術「クリスパー」の登場によって遺伝子編集技術が発展する昨今、ヒト胚に対する遺伝子編集も現実味を帯びてきた。子供の運動能力や身体的特徴、寿命を事前に設計するといったいわゆるデザイナーベイビーなどへの懸念から遺伝子編集に慎重だった各国も、2017年2月に米科学アカデミーが人間に対する遺伝子編集の方針を発表したことで風向きが変わってきた。この方針ではデザイナーベイビー等の能力強化は許されないものの、基礎研究に限定する限りでヒト胚に対する遺伝子編集が認められる可能性があるとした。もともと中国ではこの方針発表前から研究を行っており、また前述の米科学アカデミーの発表にはアメリカ以外の各国の専門家も携わっていることから、国際的な動きとして遺伝子編集が加速することが予想される。その後2017年7月には、アメリカでヒトの受精卵を用いた遺伝子改変実験を行ったことが報じられた。


 遺伝子編集技術は今まさにその問題が問われている最中の技術だが、技術発展に伴い、我々の感覚も変化していると言えるだろう。例えば体外受精や代理出産といった不妊治療に関しても、技術が登場した時点では反対の声が多く聞かれたが、現在では(治療の度合いにもよるが)批判を浴びることは相対的に減少しているように思われる。こうした技術が受け入れられた背景には、法や安全性の徹底といった不可欠の要素だけでなく、技術環境が整備される中で、時間の変化とともに世論もまた変化してきた側面を認めないわけにはいかない。

人工胎盤、人工子宮が「当たり前」の未来とは

 ところで、人類の「生殖」がどのように変化するのか。詳細な未来はわからずとも、技術環境の変化がもたらし得ることと、それでも変わらないことについて考えることは可能だ。そこで以下では、仮に人工胎盤や人工子宮が当然となった時代を思考実験することで、技術と人間の感覚の変化について考察したい。


 まず、人工子宮が普及した未来では、生殖=セックスを行わず、母体ではなく人工子宮を用いて人工的に胎児を育てること、あるいは高齢であったり、男性であっても人工子宮を用いて胎児を育てられると仮定しよう。


 このような未来を鋭く考察したものとして、村田沙耶香の小説『消滅世界』を挙げることができる。2016年に『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した村田沙耶香は、現代社会において異端とされる立場から世界を考察するのに秀でた作家であり、『消滅世界』では、その世界観とその複雑な問題を鋭く描き出す。

『消滅世界』は、夫婦間のセックスは必要とされず、子供は人工授精によって生まれるのが一般的となった世界が舞台だ。夫婦でセックスをしようとすれば「近親相姦」として離婚の原因となり、結婚しても夫婦は互いに別の恋人や二次元のキャラクターと自由に恋愛し、セックスを行う。だが作品世界内ではセックスそのものが忌避されはじめており、外で恋愛しても、生身のセックスは好まれない。


 さらに作品世界で実験都市として認定された千葉では、男性も人工子宮を利用して妊娠、出産が目指されており、この実験都市では、住民すべてが生まれた子供の「お母さん」になる。詳しくは作品の一読を勧めるが、『消滅世界』における生殖やセックスの考えは、現実世界とは明らかに異なる。読者はこのあらすじを読んで、作品内の世界はユートピアかディストピアか、どちらを想像するだろうか。多くの読者は、ディストピアだと思うのではないか。


 だが筆者には多少なりともユートピアのように感じられる点にある。なぜか。


 この作品の面白さは、必ずしも作品内の舞台を否定的な視点だけで描かれていない点にある。主人公は失われつつあるセックスを実践するなど、社会の常識に対して違和感を持つが、主人公は変化以前にあった「正しい」世界を求めて抵抗するのではなく、変化する世界を受け入れながらも、その都度自らが感じる違和感に向き合うことをやめない、という意味で抵抗している。


 変化以前の世界を求めるのであれば、無意識に変化以前の世界が正しく正常であると判断することも多いが、そのような「正しい」世界はそもそも存在しない。


 本作の特徴は、社会の変化を過去への執着から敵視するのではなく、主人公の鋭敏な感覚が「今」感じている違和感に対する正直な姿を描く点にある。本作にユートピア性を見出し得るとすれば、それは主人公が技術の変化に振り回されるのではなく、どのような世界においても孤立奮闘し、それ故にどのような社会においても「正常ほど不気味な発狂はない」という確信を持ち得る点だ。主人公は技術そのものへの善悪を容易に判断せず、過去への執着や常識にもとらわれない。そのような主人公だからこそ、「正常こそ異常」という洞察が強い説得力を持つ。

変化する社会をどう生きるか

 技術は社会に大きな影響力を持つが故に、変わることで失うものと得るものを分析した上で、慎重な判断が求められる。しかし我々は、変化以前の社会への慣れにしばしば固執してしまう。また冷静な議論が必要な一方で、議論が追いつかないスピードで新たな技術が開発されている。


 生殖技術以外にも、豚の体内で人間の臓器を育て人間に移植するといった研究は、こちらも様々な制約があるものの実際に存在し研究が進められている。豚の臓器は人間のものと似ており、動物固有のウイルスを除去したり、移植に伴う拒絶反応を回避するためにも、上述の遺伝子編集技術「クリスパー」が用いられる。同時に、人間の臓器を体細胞から培養するという計画も存在し、こちらも前段階として豚で実験が行われている


 今後も世論を含めて慎重な議論が必要だが、仮にこうした技術が採用された時、我々は豚の臓器を移植した人間を「豚人間」と揶揄するのだろうか。そうだとするなら筆者は、過去や習慣にとらわれることで劣化する我々の知性にこそ抵抗したいと思う。










人工胎盤や人工子宮、生殖技術は人間を「消滅」させるのか
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsq_vPj_1Bk_sds

▼127年前に「中国の脅威」を予見した明治の若者
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsr_vPj_1Bk_sds

▼「赤ちゃんポスト」が浮き彫りにする追い詰められた女性たち
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wss_vPj_1Bk_sds

▼月刊「Wedge」(毎月20日発売)定期・単品購読のご案内 【PR】
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wst_vPj_1Bk_sds

▼豪州とインドネシア、暗に中国を批判
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsu_vPj_1Bk_sds


□■□ BBC Newsの新着記事 □■□
……………………………………………………………………………………………………
▼菌類にまつわる10の秘密、最新研究で明らかに
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsv_vPj_1Bk_sds

▼「最古の絵」はまるでハッシュタグ 南アフリカで
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsw_vPj_1Bk_sds

▼iPhone XS と iPhone XS Maxに触ってみた
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsx_vPj_1Bk_sds

▼野蛮人だから? なぜ人は避難警告を無視するのか
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsy_vPj_1Bk_sds

▼世界金融危機は誰のせいだったのか
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?Wsz_vPj_1Bk_sds

▼聖職者が「何千人もの子どもを虐待」 独カトリック教会
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsA_vPj_1Bk_sds

▼世界で最も分かりづらい道路標識 カナダ
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsB_vPj_1Bk_sds

▼アップル、iPhone XSと最新アップルウォッチをお披露目
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?WsC_vPj_1Bk_sds


Googleアカウントを最大活用する強化書「GoogleMastery(グーグルマスタリー)(新着

●【仮想通貨】ICOの参加で知っておきたいステップと基本的な流れ(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63618

仮想通貨に関心を持つ人が増えてきています。

仮想通貨に興味がでてきた、実際にやってみたい!と

あなたも思っているかもしれません。

その中でもICOは「億り人」になるチャンスでもあります。


しかし、仮想通貨のICOに参加するには、

思い立ったらすぐにできるものではなく、

ICOが売り出される期間のタイミングがありますし、

それなりに準備が必要になってきます。


どのような流れや準備が必要なのかを

このレポートで説明していきたいと思います。

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63618



●初心者必見!!はしめてのアフィリエイトて失敗しないための無料必須アイテムの使い方(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63616

とんなに素晴らしいヘーシを作ったとしてもリンクかつなかっていなけれは訪問者の満足度も下かってしまいますし、何と言ってもリンク先の商品が売れるチャンスを逃してしまいます。売り損なうことが一番もったいないですよね!!

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63616








●【仮想通貨】ICOの参加で知っておきたいステップと基本的な流れ(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63618

●初心者必見!!はしめてのアフィリエイトて失敗しないための無料必須アイテムの使い方(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63616

●地域密着型でコミュニティを作り、あなたのお店に土石流のように顧客を呼び込むアメブロ利用術(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63615

●【メルカリ】身近なものを売って月3万程度の小遣い稼きてきる商品公開!! vol.5(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63614

●あっという間に!資金作り!不用品販売で10万円を稼いじゃおう!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63613

●わずか4ステップ!!表紙画像を無料で簡単にチカチカさせる方法(初心者編)(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63612

●あなたも騙されていませんか?引っかかる人が後を絶たないアフィリエイトの罠(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63610

●『Simplits ライト版』(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63608
泥沼のうつ状態から這い上がるために(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63537

●潜在意識を使い倒す7つの習慣(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63428

●定型発達が意識している7つの暗黙の了解(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63427

●「クレカがなくてもクレジット払いが使える方法がある」と言ったら…あなたはどうしますか?(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63409

●Googleアカウントを最大活用する強化書「GoogleMastery(グーグルマスタリー)(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63372

●【Googleスライドの使い方】パワーポイント代わりに使える便利なプレゼンテーションツール(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63365

●【意外に高機能】 資料、イラスト楽々作成! Google図形描画の使い方(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63354

●【高速で使いやすい】ウェブブラウザGoogleクロームと便利な拡張機能紹介(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63351

メルカリ】身近なものを売って月3万程度の小遣い稼きてきる商品公開!! vol.5(新着)


●【メルカリ】身近なものを売って月3万程度の小遣い稼きてきる商品公開!! vol.5(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63614

初めまして!チョゴリです^^
ネットを中心に生計を立てております!
主に物販、YouTube、メルマガをやっております!

今回は【メルカリ】身近なものを売って月3万程度の小遣い稼きてきる商品公開!! vol.5です。
ネットビジネス初心者の方でもできるような内容になっています!
ぜひ気軽にダウンロードして実践してみてください^^

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63614



●あっという間に!資金作り!不用品販売で10万円を稼いじゃおう!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63613

はじめまして、柚木 絵俚子です。

2018年2月よりカメラ転売ビジネスを始めました。

私は今子育て真っ最中の3児の母。
上は8歳の娘、6歳、3歳の息子がいます。
皆やんちゃ盛りで、
まだ一緒じゃないと寝られない甘えっ子達。
そんな子供たちと一緒に、
全くの手間いらずのカメラ転売で稼いじゃいました。

根性、マインドばかりの『カメラ転売』を推奨する男性陣を横目に、
全く手間を掛けずに月収30万を超えちゃいました。
今回は不用品販売についてお伝えいたします。
メルカリやラクマでの不用品販売も簡単なので、
是非おススメですが、
今後、ヤフオクでカメラの販売を行う練習の為に
ここではヤフオクの出品についてお伝えしたいと思います。
ヤフオクの出品登録ですら、したことのない私でもできた
不用品販売法をお伝えいたします。
細かいやり方というよりも、高く売るコツを中心にまとめました。
あなたのお役に立てれば嬉しく思います。

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63613


●【メルカリ】身近なものを売って月3万程度の小遣い稼きてきる商品公開!! vol.5(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63614

●あっという間に!資金作り!不用品販売で10万円を稼いじゃおう!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63613

●わずか4ステップ!!表紙画像を無料で簡単にチカチカさせる方法(初心者編)(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63612

●あなたも騙されていませんか?引っかかる人が後を絶たないアフィリエイトの罠(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63610

●VOICEサーチSEO入門編。巨大な利益を生む音声検索市場で勝者になるには?★アフィリエイト配布特典としても使える11万円相当のプレゼント付き★(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63609

●『Simplits ライト版』(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63608

●【5分て出来るWordPress】 3倍5倍10倍売れてしまう スマホ映えフラクイン(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63607

●【仮想通貨】リップルの動きが世界で活発!! リップルが世界に仕掛け出す!!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63605

泥沼のうつ状態から這い上がるために(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63537

●潜在意識を使い倒す7つの習慣(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63428

●定型発達が意識している7つの暗黙の了解(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63427

●「クレカがなくてもクレジット払いが使える方法がある」と言ったら…あなたはどうしますか?(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63409

●Googleアカウントを最大活用する強化書「GoogleMastery(グーグルマスタリー)(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63372

●【Googleスライドの使い方】パワーポイント代わりに使える便利なプレゼンテーションツール(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63365

●【意外に高機能】 資料、イラスト楽々作成! Google図形描画の使い方(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63354

●【高速で使いやすい】ウェブブラウザGoogleクロームと便利な拡張機能紹介(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63351



●【仮想通貨】1億XRP送金されコインチェック遂に再開!?市場への影響がエグい!!(新着)


●【裏技】 YouTube、インスタの アカウントこれで量産!! SMS認証に使える電話番号を 無料で何度でも取得出来る方法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63561

いろいろな事情で
インスタ等のアカウントが凍結してしまうこと
きっとあると思います。

大変ショックだと思いますが
まだ諦めないで!

そういう時にコレ!!

この裏技なんです!!!

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63561


●【2分て読める!】 YouTubeチャンネル登録を 増やしたい方必見! チャンネルアートを 無料て作成する方法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63562

YouTubeチャンネルをお持ちの方にとって
「チャンネル登録」は喉から手が出る程欲しいものですが、

このレポートに書いている設定を
しているのと
していないのでは
チャンネルの印象に大きな差が生まれ

結果的に
チャンネル登録をするかしないかにも
影響します。

このレポートも
この手法も
無料です。

まずはダウンロードして
内容を確認して

ぜひ
ご自身のチャンネル運営に生かされて下さい!

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63562


●【仮想通貨】1億XRP送金されコインチェック遂に再開!?市場への影響がエグい!!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63564

●【知らなきゃ損】XRP新シンボル決定!!今後の市場に与える大きな影響(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63563

●【2分て読める!】 YouTubeチャンネル登録を 増やしたい方必見! チャンネルアートを 無料て作成する方法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63562

●【裏技】 YouTube、インスタの アカウントこれで量産!! SMS認証に使える電話番号を 無料で何度でも取得出来る方法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63561

● 【仮想通貨】ビットコインが下降相場から上昇相場へ!! その要因は・・・(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63560

●【超意外!?】メルカリて身近なものを売って月3万程度の小遣い稼きてきる商品公開!! vol.3(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63559

●【メルカリ】身近なものを売って月3万程度の小遣い稼きてきる商品公開!! vol.2(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63558

●初心者必見!!これからはじめるひといまさら聞けないひとのための仮想通貨用語集(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63557