忍者ブログ

世界は今問われる日本

時代に即した話題の記事と正しい日本の認識を世界に伝えていきます 日本人でありながら日本を貶める日本人j自分達日本人は違うは世界では通用しない日本人は日本人今この世に戦後生を受けて今がある日本人日本を貶めている人たちに言いたい あなたを生んでくれた日本の母親を辱めをあなた方が貶めている 思想が違っても同じ目でみるのが世界の民族あなたの子供孫が将来的に罪の無い子孫が差別されると考えたことは無いですか 残虐人の子孫と見られることを考えたことないですか そんなことがない正しい認識を伝える記事で行きます

The 2015 Budget Whiteboard

The White House Monday, March 10

The 2015 Budget Whiteboard

In case you missed it, the President released his Fiscal Year 2015 budget last week.

Brian Deese, Deputy Director of the Office of Management and Budget, is pretty handy with a dry-erase marker, and he took some time to sketch out the nuts and bolts of the President's budget.

Want a better sense of exactly what's in the budget? You should probably watch this whiteboard video.

Watch: Brian Deese explains what's in the budget.

Want to know how the President's budget will continue to steadily bring down the deficit for the next ten years? You should watch this whiteboard.


Watch: Brian Deese explains how the President's budget will bring down the deficit.

Take a look, pass it on, and stay tuned for more.

Happy Monday.

 

This email was sent to tutimikadohayato@yahoo.co.jp
Sign Up for Updates from the White House
Unsubscribe | Privacy Policy
Please do not reply to this email. Contact the White House

The White House • 1600 Pennsylvania Ave NW • Washington, DC 20500 • 202-456-1111

PR

一流百貨店が万引きに“懲罰独房”、

一流百貨店が万引きに“懲罰独房”、マンハッタン最高層ビル展望台でヌード撮影…異常トラブル起きるから訴訟大国になるのか「米国」、それとも訴訟頻発がトラブルを異常化させるのか

写真家のアレン・ヘンソン氏は「社会的実験」として、ニューヨークのエンパイア・ステートビルでヌード撮影をした(YouTubeから)

写真家のアレン・ヘンソン氏は「社会的実験」として、ニューヨークのエンパイア・ステートビルでヌード撮影をした(YouTubeから)


米ニューヨークの「顔」でもあるエンパイア・ステートビルでヌード撮影をしたとして、ビル管理会社などが今年1月、写真家を相手取って100万ドル(約1億円)の賠償を求める訴訟を起こした。米国では有名施設や歴史的建造物で“苦痛”を感じる事件がたびたび起き、それが訴訟に発展している。昨年末には名門ハーバード大学の鐘の音や有名百貨店の独房をめぐって裁判沙汰になった。訴訟社会・米国の“苦痛”とは…。

(篠田丈晴)

「街のおっぱいシリーズ」で撮影

 ニューヨーク・マンハッタン5番街にそびえるエンパイア・ステートビルは102階建て、高さ443・2メートル。2001年の米中枢同時テロでワールドトレードセンタービルが倒壊したため、1972年以来29年ぶりに「ニューヨークの最高層ビル」に返り咲いた。

 そのエンパイア・ステートビルで昨年8月、“事件”は起きた。ロイター通信や地元紙などによると、写真家のアレン・ヘンソン氏が、同ビル86階にある展望台で、上半身が裸になった女性モデルの写真を携帯電話で撮影したのである。当時、家族連れら観光客でにぎわっていたという。写真は瞬く間にインターネット上で広まった。

 ビルを保有する企業側は今年1月、100万ドルの損害賠償請求訴訟を起こした。ヘンソン氏が商業目的で写真を撮影したと批判した上で、「(同ビルの)安全で治安が保たれた家族向けの観光地であるとの評判」を傷つけたと主張している。


これに対し、ヘンソン氏はトップレス写真の撮影について「『街のおっぱい』シリーズの一環で、社会的実験だ」などと説明。ヘンソン氏はレストランなど公共の施設でそうした撮影をすることをライフワークにしており、裁判が始まればトップレスモデル50人と一緒に出廷することを計画。そのモデルを募集していることをフェイスブックで明らかにした。

“リケ女”も通った名門大学の鐘の音

 マサチューセッツ州ケンブリッジにある名門ハーバード大学が昨年11月、訴訟を起こした。キャンパスにある81年の歴史を持つ鐘が壊れたのは音を鳴らすための舌(ぜつ)が不良品だったためとして、製品を販売した企業を訴えたのである。

 ロイター通信などによると、鐘は第一次世界大戦で戦死した学生に捧(ささ)げられたもので、2011年に取り付けた鐘の舌によって長さ60センチのひび割れが入り、耳障りな音色になったという。大学側は「ひび割れの原因解明や鐘の交換のために費用が必要になるなど被害を受けた」として、企業に対して損害賠償を求めている。

 ハーバード大は、万能細胞「STAP(スタップ)細胞」を開発した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子さん(30)もかつて通った。ただ、2008年ごろなので、鐘の音色もきっと心地よかったに違いない

万引きの“懲罰”で独房設けるデパート

 昨年12月には、ニューヨーク・マンハッタンにある有名百貨店「メーシーズ」で買い物をした男性が、手錠をかけられた上、店舗内の「独房」に入れられたとして、店を相手取り100万ドルの賠償金を求める訴訟を起こした。

 ロイター通信などによれば、男性は昨年11月の感謝祭後、以前購入したベルトを返品するため同店を訪問。値札を外してしまったため、店員の指示に従い棚から値札の付いた商品をレジまで取ってきたところ、警備員に突然手錠をかけられ、店内の「独房」に3時間閉じ込められたという。

 男性は訴追されていないし、メーシーズ側もロイターのコメントの求めに応じていないが、メーシーズをめぐっては、ニューヨーク・タイムズ紙がかつて金網でできた2つの監房があると報道。万引きなどの疑いがある未成年者らへの身体検査などに利用されているとみられている。

日本では…

 日本でも、京都市の京都ホテルや和歌山市の和歌浦、モノレール設置計画が浮上した奈良市の若草山など、有名施設や歴史的建造物、名勝をめぐる訴訟や論争はある。また、昨年12月の安倍晋三首相の靖国神社参拝について、中国と韓国が世界に向け日本を批判し続けているが、大阪の市民団体メンバーらが「(靖国参拝に)精神的苦痛を受けた」として、近く損害賠償訴訟を起こすという。